自己破産出来る?※ギャンブルで作ってしまった借金が返せません

自己破産出来る?※ギャンブルで作ってしまった借金が返せません

自己破産出来る?※ギャンブルで作ってしまった借金が返せません

世間一般では「ギャンブルで作った借金が返せない場合、自己破産できない」という説が信じられているようです。その根拠は破産法252条1項で、浪費や賭博などで過大な債務を作ったときは、自己破産できないと規定されています。ところが同2項では、その他の事情を考慮して免責許可ができるとも書かれています。つまりギャンブルが原因であっても、それなりの事情があれば自己破産はできるということです。これを裁量免責と言います。
それなりの事情とは、場合によってさまざまです。もしも違法なギャンブルをしていたら、もちろん自己破産は許されないでしょう。しかし借金の額が常識の範囲内であり、まともに働いて返済しようと努力しているなら、裁量によって免責してもらえる可能性は決して低くありません。このほか債権者の意見も参考にされますし、年齢・職業や家族の状況なども考慮されます。総合的に見て再出発できると判断されれば、借金の原因がギャンブルであろうと、免責になるのが普通です。
なお自己破産の可否を裁量するのは裁判官です。裁判官も人間ですから、情に訴えれば免責されることが多くなると考えられます。自己破産に強い弁護士というのは、このような訴え方が上手な人といえます。自己破産できるかどうか微妙なときは、この分野で実績のある、上手な弁護士に依頼するのが賢い方法といえるでしょう。ギャンブルだけで作った借金でも、諦めて自暴自棄になる必要はありません。