自己破産のメリット・デメリット※自己破産したらどうなるのか徹底解説

自己破産のメリット・デメリット※自己破産したらどうなるのか徹底解説

自己破産のメリット・デメリット※自己破産したらどうなるのか徹底解説

自己破産には債務が免除され借金の返済が無くなるメリットがありますが、同時に失うものも多くデメリットもあるのが現実です。自己破産に関しては一般人でも知識を持っている人が多いですが、価値のあるものはお金に変えられてしまうため一定額以上の財産を失うのが基本です。住宅や自動車に関しても処分の対象となりますので、残したい場合には工夫が必要になってきます。一旦第三者に売却して借りるという選択も可能です。現実的には返済できる能力が無いため、借りることもできないのが現実です。財産を失う代わりに借金をなくすことができるため、メリットも大きいですがデメリットはさらに大きいと言えます。自己破産の特徴として裁判所が決定を下す点がありますが、自己破産が成立すると官報に住所や氏名が掲載されてしまいます。デメリットの一つと言えますが、一般人が官報を目にする機会はそれほど多くはないためデメリットといえるほどではないと言えます。自己破産だけではなく債務整理全般に共通するのが、信用情報機関に登録される点にあります。信用情報機関によって期間は異なりますが、7年から10年は融資審査に通らなくなりますので、借り入れは一切できなくなります。現金で生活していく必要がありますので、安定した収入を確保すること大切です。免責許可が下りれば簡単に借金をなくすことができるため、生活を見なおしたり反省すると言った行動を伴わない場合がありますので、人によっては再度借金に苦しめられる場合があります。