自己破産に必要な費用~自己破産の気になる情報を徹底調査!~

自己破産に必要な費用~自己破産の気になる情報を徹底調査!~

自己破産に必要な費用~自己破産の気になる情報を徹底調査!~

債務整理の中でも自己破産は、借金の支払い義務がなくなる代わりにその後の生活において様々な制限が設けられるなどのデメリットを生じる最終手段となっています。
そのため、基本的には色々な債務整理を考えた上で借金の額や抱えている事情などから解決できないと判断された時にやっと検討を考える手段です。
そんな自己破産を検討した時に気になってくるのが、どのくらいの費用が必要となってくるかということです。
一般的な場合、自己破産は弁護士や司法書士に依頼をして申し立てを行うというケースが多く、この場合、費用の平均は弁護士でおよそ30万から60万程度、司法書士でおよそ15万円から40万円程度となっています。
ただし、自己破産は自分の力だけで申し立てを行うことも可能です。
この場合、平均するとおよそ3万円から5万円程度の負担で済みます。
また手持ちの財産がある場合は管財事件となるので、さらに20万から50万程度が平均的に必要となります。
このように自分で自己破産を行うと、弁護士や司法書士に依頼するよりもはるかに費用を抑えることが出来るのですが、専門的な知識がなければスムーズな解決をはかるのは難しくなります。
特に破産宣告後に借金を帳消しにするために必要な免責がおりるかどうかは重要な事でしょう。
ですので、費用の負担よりもまずは自分で全て行えるかどうかを考え、最終的にどちらが自分の負担を少なくして借金問題を解決することが出来るのかを判断して選ぶようにしましょう。